最近は海外留学を希望しない医師が増えてきている傾向にありますが、それでも海外で学ぶべき事は多数あります。
まずは英語力(語学力)。
日本語の通じない大学や医療機関で、誰の力も借りずに周囲の方々とコミュニケート出来ればそれだけで大きな自信に繋がるでしょう。

生きた英語を学ぶ事は、実際に留学に役立つだけではなく論文を書く時にも大いに役立ちます。
日本国内でどれだけ優秀な論文を発表しても、英語に翻訳出来ないと海外で評価してもらえる事はあり得ません。

また専門分野の最新の医療知識を学べるのも医療留学の大きな魅力です。
このページでは医師が留学する事で学べる事をまとめています。
⇒海外留学がキャリアアップに有効な理由

本格的に語学力を磨くなら海外で

「英語は地球語」と呼ばれていますが、国際社会では英語でのスピーチや論文作成がもはや当たり前になっています。
アメリカは医療技術が非常に発達しており、アメリカ国内で学べる事は多数ありますが、まずは言語の壁を超える事から始めなければなりません。

そうは言っても留学したその日から突然英語がペラペラになるわけではないため、地道な努力が必要になります。
海外に行くと会話は全部英語、論文も全て英語で書く事になり苦労はしても、それ相応の成果は期待できるもの。

医療英語なども現地で学ぶ方が自然に理解出来、修得もスムーズ。
言語だけではなく、外国人医師の考え方や海外の医療事情など学べることは多数あるはずです。

海外でなければ出来ない事がある

日本の医療レベルは世界でもトップクラスであり、海外での研究留学や臨床留学には意味がないと考える医師も多数います。
そのため海外で学ぼうと言う医師も減少傾向にあるのですが、海外留学に魅力・メリットがないわけではありません。

医師の専攻する分野の研究において、もし海外の方が進んでいるのであれば海外留学には大きなメリットがあります。
最先端の医療技術や知識を学び国内で生かす道もありますし、国内では症例の少ない病気でも、海外で臨床経験が多数積めるのであれば外国で学ぶ意味は大いにあります。

また、海外に人脈を作るのも大きな力になります。留学には多額の費用がかかるため、できるだけ医師の留学をバックアップしてくれる病院などに所属すると良いでしょう。
医師求人専門サイトなら、海外留学を積極的に推進する病院情報も提供してくれます。

海外生活は慣れるまでが大変

突然の海外生活で、(ストレスなどにより)いきなり現地で不整脈になる、お腹の調子が悪くなる、ホームシックにかかるなどトラブルに見舞われる事も。

海外生活は慣れるまでが大変です。無理せず少しずつ前に進んでいきましょう。